とりあへずの備忘録

日曜の真っ昼間に、仕事の話で恐縮ですが、

僕、今、営業じゃないんですよね。
内勤職なんです。でも人事とか総務とか、経営企画とか、そんなんじゃなくって、カウンセラー。
それもキャリアの。
お仕事に悩みを抱えた人達の、課題解決をする仕事なんです。

(こう言うと、なんか大層な仕事に聞こえるかもしれないけど、いわば職業選びの旗ふり役なんですよ。特に特別な事はなんもしてなくて、叶えたい夢とかキャリア、もしくは今の仕事の悩みの原因を明確にして、その解決方法を提示し、その道が叶うようにお手伝いする仕事かな。お手伝いっていうのは、仕事の紹介とか、職務経歴書の作成支援とか、面接対策とか、なんかそういうの。)

話を戻すと、待ち受け型の(お客様から来社してもらえる)仕事なので、ぼーっとしていても、仕事がどんどんくるわけです。勿論、来るまでぼーっとしてるわけじゃなくて、その間は、担当しているお客様に案件紹介したり、その人を企業に推薦するために推薦状を書いたり、そういう事をしているんですが、

僕、営業したい!笑
周りには営業の方が向いているんじゃない?とか言われて、ちょっと嬉しいんだけどね。笑
でもきっと営業、向いていないかも。笑

「営業したい!」
と思った理由が、外に出たいとか、お客さんのところに自分から足を運びたい。
でも肝心なお金を稼ぐっていうセンスが多分、僕にはあんまり無いのかな。
こうしたら儲けが出るとかそういうのあんまりわかんない。
これ、サラリーマンとして致命傷だよな。うんうん。

というのも、語弊を恐れずに言うと、高齢出産の一人っ子、おまけに両親は倹約家、小さな頃から「お金が無い」という環境に揉まれていなくって、。だから、お金はあるもので、稼ぐものという感覚があんまり無い。ただ、やり取りをしてるだけ。なんか発想の回路が、あんまり逝けてない気がしてさ。

これだったら、いわゆる人のキャリアに値段を付けて、マッチングするというこのビジネスにあんまり向いてないのかな?あれ、だから僕、キャリアコンサルタントの部署に配属されたのかな?1円でも多く稼ぐという仕事ではなくって、人に寄り添うことで価値を発揮するんだな。あ、そういうことか。

いろんなアイディアや発想も、楽しみたいとか喜ばせたいとかそういうのは好きっちゃ好きなんだけどなぁ。

でもなんか、お客様を喜ばせるために仕事をするって考えたらできるかな。
純粋に目の前のことを頑張って、目の前の人を幸せにする、
それの対価がお金っていうんなら、営業って楽しそうだな。
でも会社ってお金稼がないと意味ないし、お金稼がないと潰れちゃうから、
その喜ばせるサービスの中にどれだけお金貰える仕組み作るか考えないといけないんだな。

となんかわけのわからん自己完結してしまった。ふぃん。
なんかぐちゃぐちゃなんで、また編集しよっと。
[PR]
# by super_masaharu | 2010-10-17 12:42 | THINK

知らず。

幸せってマジでなんなんかがわからへん。とか言ってる時点で相当ヤバいよなー。
うん。幸せに定義なんかないもん、みつけるとかしかないよな。
んで、今までの事考えたら、ほんまケッコー幸せやねん。
未来のことはわからんけども、どうやろな。みつかるかな。
ほんで幸せを共有できるかな。僕は、誰と共存できるのだろう。
人の気持ちを理解することはできないけども、したいと思うことが実は一番重要だと思う。

横に居る人が何を幸せに感じるのか、どうありたいのか、すごい気になる。

っていうか、純粋にみんないつもありがとう。僕は幸せ者です。
[PR]
# by super_masaharu | 2010-05-31 01:49 | THINK

選択の価値基準

絶対、物事を選択する際、無意識ではなく、意識的にそれを選択しているはずなんだけど、
その認識が人間には無さ過ぎて、非常に怖くなる。
一体、何を考えてそれを選んでいるのか答えられない人間が多すぎる。大杉蓮だ!
僕もそうだ!なぜ、今、この瞬間、この日記を書いているのかわからないからだ!
残したいから書いているのである!となれば、それは意味を持つ行為だ。僕の好意の対象だ。
でもさ、mixiの日記って何で書いてるの?何で写真をアップするの?
って考えたら、僕は誰かと繋がっていたいから書くんだろーし、写真も載せるんだろなー。
そう思ってるからこそ、コメントがついていたら嬉しかったりするもんな。くだらん?知るか。

とにもかくにも、飯を食うことも、遊ぶことも、寝ることも選んでいる。
人を好きになる事もね。何もかも無意識で進めちゃいけないんだぞ!

それに選んだからには、貫き通せ!
[PR]
# by super_masaharu | 2010-05-24 01:10 | THINK

うつる

目に映る世界と、写真に写る世界と、移る世界と。
一体、自分の目の前にあるどれが真実で、どれがただの虚構なのだろう。
アラユルモノに意味なんかあんまり無くって、自分がそれに意味を与えるだけなんだろうね。
そう考えると、世の中、自分を中心に回っていて、好き勝手やりゃーいいじゃん。
という程、世間というか、世界は甘くはできていないんだね。

もう!どれが本物なの!?

自分の中で優先順位が一番高いものって何かっていわれるとさ、それを明らかにするのって怖いよね。
だって、それするために、生きていたいってことだよね。
夢中になれるものが欲しいよね。無我夢中に。でもそれ、夢中になるかどうかなんだろなー。

抽象的な世界に、曖昧な自分と、弱い精神力の狭間で。
結論、ブレブレブレオさんなんだよ^^
[PR]
# by super_masaharu | 2010-05-22 08:46 | THINK

右手のアトピー

右手の肘の裏側にアトピーが出ている。
どうにもこうにも痒い。これまで、こんな経験をした事は無かった。
怒られるときは、決まって左の顔が引きつることがわかる。
左の頬がひきつる。右手にはアトピー。
これは、何か精神的にきているのではないかと思い、
おもむろにネットで左脳について調べていくと、以下、記事がみつかる。
この様な点において、現代社会が発展していることに、驚く。

「ストレスの根底にあるのは感情ですが右脳のストレスは波動とつながったストレスです。
波動とは、簡単に言うと感覚だと思ってください感覚(五感)と感情が結びついたストレスが右脳のストレスです。感覚を伴うストレスが右脳のストレスです。
一方左脳のストレスは、信念やこだわりのストレスです。通常感覚やイメージがありません。
その為に左脳のストレスに気付くことが出来ない人がほとんどです。自ら作った信念が原因となって起こるストレスが左脳のストレスです。
左脳のストレスの事を私はプログラムと呼んでいます。一度プログラムが出来るとその存在は意識下から離れ、無意識下に置かれます。
右脳は、感情を開放しなければクリアになることはありません。蓄積され続け限界が来るまで我慢し続けます。
そして我慢し続けた感情はいつの日にか爆発することになります。
左脳のストレスは、プログラムが有効なうちはクリアすることができません。本人が過去
のこだわりを捨て、新たなプログラムを構築するしかありません。」

まさにその通りと感じた。これまでの人生の中で、自分が不得意とするものからは、
常時、逃げてきた私にとって、現状は逃げる場所もなく、ただただ、「受け入れる」行為を求められる状態なのである。
だからといって、私は決して病んでいるというわけではない。
このプログラムを強制終了しなければ、私はいつまでも私なのである。
おそらく、過去に作り上げた自分の理想とする自分と現実の自分へ。
そのギャップと、そもそも存在の有無により、悩んでいるのである。
悩んでいるのと、病むのは違う。

私の左頬のかすかな痺れと、右肘裏のかゆみは、何か私に知らせてくれているのだろうか。
[PR]
# by super_masaharu | 2010-05-20 01:03 | THINK