重い想い

もうね、僕なんかテンデダメだね。今までずっと敷かれたレールをずっと歩いてくるだけだったからさ。今になって、こう卒業近づいてきてさ、なんか急にふっと不安になるわけ。もうほんとテンデダメ。ダメダメのあまちゃんなんだ。自分の意思で歩んだはずの就職活動っていうひとつの道もさ、なんか周りがやるから僕もやる的な発想でやってしまってたんではないだろうかって今になって思ってしまうわけよ。どこに就職すればどーだあーだってね。どこいこーが楽しく生きていくってことが重要なんだろーに。誰が偉いとか凄いとかそんなんじゃないよ、やっぱりさ。勿論、それが良い方に転んでくれたらまだ救いだけどさ、そればっか考えてたら本物の幸せなんかどこにもありゃしないんだから。話はそれたけど、結局、いつも決断するときには、誰か側にいてくれてさ、失敗したら何かのせいにして、自分のせいじゃないんだって決め付けてさ、逃げて逃げて逃げて、今こーしてこんな僕になっちゃったわけなんだよね。最後の最後には誰かが助けてくれるって今でも思っちゃってるスーパーあまちゃんなんだよね。普段、偉そうなこといったりしてるときも、どっかに逃げ道用意してさ、うまいこと掻い潜って今までこういとも簡単にのほほんと生きてきちゃってるわけ。でもさ、ほんとにそれじゃダメなんだよね。こう卒業間近になって気づいてるようじゃほんとどーしようもないんだけどさ、でもこうやっとの思いでさ、自分で考えなきゃいけない瞬間が訪れたわけ。とうとうきちゃったかってね。そうなんだよ、きちゃったんだよ。もう誰のせいにもしてらんないんだよ。やばいよ。怖いんだよ、正直。このまま社会に出て行くのも怖い。もちろん、大学に残るのも怖い。生きていくってことが本当に妙にリアルすぎて怖いんだ。将来が怖い。何がって大人になるってことが怖いんだよ。だって、今まで全部さ、親がめんどう見てくれてるからどうにだってなるって思ってたわけで、もうそんな親もいずれ居なくなるんだよね。それがリアルすぎて怖いんだよね。そうしたら僕は完全に孤独なわけでしょ?怖いんだよね。血のつながった兄弟も居ないわけじゃん。それってほんとにあと30年もしたらさ、僕は完全に独りなんだよ。孤独なんだよ。幸い、友達はたくさん居るけどさ、誰も僕の人生にまで責任とってくれる友達ってのも居ないわけでしょ。だって、友達には友達の人生があるんだもんね。なんだこれ。ほんとこんなんでいいの?って思うわけ。てかそんなん考えてる時点でスーパあまちゃん確定のドンピシャなわけでしょ。でもどうしたらいいのかわからなくてただただ足踏みしてるだけの自分が今ここにいるわけじゃん。一著前に時にはさ、夢語ったりしちゃってるけど、それもあたかも夢なわけで僕は全然、掴もうとしないわけなんだよね。もうほんと僕はのび太状態なわけ。お父さんとお母さんがドラえもん状態なわけなんだよね。やばいよね、コレ。だって最後の最後には絶対、親が助けてくれてきたんだって、今の今までさ。四次元ポケット並みに何不自由なくこうして大学生になっちゃったわけなんだよね。もうほんとやばい。何がやばいって、こう考え出してから、まだ一歩も進んでないっていうね。進む勇気すら僕は両親に支えてもらわないといけないわけ?ほんとテンデダメだわ。話にならん。ってずっと考えてんだよ。僕の中でさ、夢はずっと夢のままでしかないんだわ。掴もうとしない。だって努力するんが怖いんだもん。ほんとダメだわ。口先ばっか先に言ってさ、口先に追いつくように行動してさ、僕って最後まで口先だけなわけ。あーイライラするね。もう書いててイライラするわ。なんだこれ。自分がさ、自分じゃないんだよ。じゃあ僕って一体誰なんでしょうね。ただただ毎日をボーッと楽しんで予定だけ詰め込んでさ、自分が何も考えなくて良い様に仕向けてるんだよね。常に何かしら逃げてんだわ。今もさ、こう書きなぐって整理させようとしてるはずなのに結局グルグルしてさ、こいつまったく答え出す気なんてないじゃんってさ。なんも成長しようとしてないじゃんってさ。内定先にしたってさ、あんだけ頑張って決めた会社じゃん。なんでそうやって、悪いとこ探そうとすんだよ。大好きだったじゃんってさ。何が不満なんだよ、何で不満探そうとすんだよってね。一年くらいほんとどうにだってなるって思うけど、今の自分にやりきったって思える一年なんか絶対こないね。変わらない限りはさ。だからといって、日々の生活に満足してないっていったら全然違う。毎日はある意味、怖いくらいに楽しすぎる。ほんとに良い友達に恵まれて、楽しくやってんだもん、これにはほんとまったくもって不満もなんにもない。感じるのは自分に対しての不満ばっかりだ。あー、ダメだね、ほんと。でさ、こうやって自分はダメなんだって決め付けて、あーじゃあ僕はダメなんだって変に納得しようとしてまた逃げるんだよな。ただもうこればっかりは逃げてられない状況まできたよ。それはわかってる。ここまできて、ようやくね。ようやくだよ、ほんとまったくさ。

ひとつ決めたんだ。まっすぐ進んでみる。このまま卒業して、仕事やるよ。お父さんお母さん心配ばっかりかけてごめんよ。がんばるわ。がんばってみようと思う!笑。こー書いたらまた不安になんだよな。良い結果が生まれないのは不安だし、不満なんだわ。どこまでわがままなのさ。くわ~やってらんないわ。たださ、こうツラツラツラツラ書きなぐってる間にも時間は刻一刻と進んでるわけなんだよね。僕は、今、卒業論文をしなければいけないわけ。これ出さなけりゃ何が何でも卒業ができなくなってしまうんだよね。だからどっち選ぶにしろ今はそれを一生懸命やらなきゃいけないんだよね。やらなきゃ・・・。とりあへずやろう。とりあえずっていう言葉は本当にずるいね。僕はミスターとりあえずマンだ。よし、とりあえずやります。いや、やります。

それぞれがいろんな悩み抱えて生きてるわけじゃん。世の中に悩みのないやつなんて居ないと思うわけ。そりゃ一時的に悩みない時期だってあるかもしんないけど、人生一回も悩み抱えたことないっていうやつなんか居ないでしょ、普通に。だからさ、悩みっていうのは誰だって持つもんなんだよって、悩んでる人に言ってあげたいね、逆に。僕も悩んでるんですよってさ。だから大切なのは、悩んで悩んで悩みぬいた上でどう胸張って前に進めるかどうかなんだよね。これ、今、完全に自分に言ってるわけなんだけど、そういうことなんでしょーよ。そりゃさ、口でがんばってます!今、俺がんばってます!みたいに言うのってほんとうに容易いことでしかないわけなんだよね。全力でがむしゃらしゃかりきがんばってます!って言っちゃえば周りからはそうなっちゃうわけなんだよ。で、実はがむしゃらしゃかりき頑張ってないっていうのが一番危ない症状だよ。それに意外とちょっとしたらバレちゃうもんなんだよな、そーいうのって。とにもかくにもとか、とりあえずとかさ、そんな回りくどい言葉なんてさ、本当は必要ないんじゃないの?今、精一杯生きるためにはさ。そんなん実は必要じゃないことなんだって。とりあえずって言っちゃうようなことは、ただの一時しのぎでしかないんだよー、バカヤローってね。だからとりあえず財源確保のために消費税あげときますかって、そんなん上げないといけない理由がはっきりしねーんだったら上げてんじゃねーよって話さ。いや~消費税がこんなに低いのはウチ(日本)だけですよ~ハハハってそんなん知ったこっちゃねーんだからさ、こっちはよ。話が反れちゃったけどもさ、やらなきゃならないことを、今すぐに、全力でやるしかねーんだよ!やれよ!卒論!笑

どーだ参ったか!やるよ!卒論をさ!やってやるさ!そーだその意気だ!
バカヤロー!コンチクショー!幸せだぜ、まったくよー!
[PR]
by super_masaharu | 2009-01-31 02:52 | THINK
<< あったかいしあわせ HERO >>