後に(のちに)

きっと僕の今の苦しみも思い出に変わるんだ。
きっと些細な記憶に変わるんだ。
そして同時に色あせるんだ。
だから忘れられるまで、そのまま閉まっておこう。

って思っていたけど、意外とそんな器用な仕組みに僕はできてないみたい。

星の数ほど、女はいるっていうけれど、所詮、星には手が届かないって。

いや、いいんだ。
感情の整理はできているつもり。
それを受け入れられる強さがたりないけれど。

他に良い子もやっぱりたくさんいて、
恋愛感情を持ったことがあるんだけど、
今の僕のバスタブにはまだ当時の水が張られていて、
濁ってきてしまっているのに、まだ抜くことができない。
チョロチョロと流れ出てはいるんだろうけど、
まだ流れ出ないや。
そんなときに、水を入れ替えたとしても、
濁った水は、きれいにならない。
濁りは薄くなっても、透明にはならないでしょ?
ごめんなさい。

もう少し時間がかかりそうです。
ごめんなさい。

自分に期待なんかすんな。
僕はいつまでたってもきっと僕だ。
それを受け入れろ。
それが僕なんだ。
[PR]
by super_masaharu | 2008-07-25 03:55 | THINK
<< 昼に(ひるに) motto. >>