<   2009年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

sime

明日の朝会、締めというのを任されましたんで、
ちょっと何を話したらいいんかっていうのを考えたんですが、

とある町工場、いわゆるブルーカラーの会社さんから契約をもらった話をしようと思う。

ずっと電話で人なんかいらない!不景気だからいらない!と言われ続け、どんな人なら
欲しいんですかね?というやり取りを採用担当のおじいちゃんと電話でずっとしてた。

切られても次の日にまたかけて、でもつながらなくて。。
かなり経験のある人なら見たいというところまでこぎ着けた。

うちには確実に登録の少ない、ほぼいないと言っても過言ではないとある機械経験10年の技術職。
ただ、うちにいないわけじゃない。僕は必死に先方に伝えた。

僕の勧める商品には先行投資のリスクはない。
満足してもらえた時にだけ、その分のお金を払ってもらえればいいだけ。
それを必死に伝えて、アポを頂いた。

訪問2日前に先方から連絡が入り、ぜひとも社長も同席したいとのことだった。

いざ、向かったアポで、言われた一言は、結構、衝撃的だった。
「君たちは、僕らのようなブルーカラーの技術者を集めるために、
何か努力をしているのかい。」

僕らの会社がしているのはWEB広告だったり、電車の中吊り広告だったり。。。

社長は言った。
「僕らの、会社に勤めるベテランの技術者達は、自転車で通ってる人もいれば、
歩いてくる人もいる。そんな人達を本当に君たちは集めているのかい。
こっちも本気で採用を考えるんだ。」

僕はあぜんとした。すぐには何も返せなかった。
ただ、うちに数少ないが登録者はいる。そんな人達に御社の求人を紹介させて欲しい。
ただそれだけだった。うちに任してほしい。

そんな思いを伝えると、社長から本音が出てきた。

「僕たちの会社は確かに優秀な技術者はたくさんいる。
ただみんな年寄りでそれを伝承していく、受け継いでいく後継者がいないんだ。
若い子達を高卒で採用しても、長く続かない子が本当に最近は多い。
30〜40の中堅層がうちの会社にはいない。
もう後ろには中国が迫ってきている。製造業は本当に危機的状況なんだ。
それをふまえて、今後のために、今、採用を真剣に考えて出している。
いい人、ぜひとも紹介して欲しい。お願いします。」

僕は本当に胸がいっぱいになった。

僕のしている仕事は、人材紹介を勧めるだけの営業だと思っていた。
でもこんなにも、企業様の生の声を直に聞くことのできる仕事だった。
そして中途採用の支援だけでは足らず、経営にまで影響する仕事だということ。
少し認識が甘かったのかもしれない。

それに自社の製品を企業に一番最初に紹介するいわゆる企業の顔であって、
僕らの営業ひとつひとつが会社のイメージを作って行く。
そう思うと、本当にすごいことを任されていると思った。

結果、うちとしては本当に珍しいブルーカラーの案件として、
正式に受注をして、今、人選が既にはじまろうとしている。

そんな中、僕の送った先方へのお礼メールに社長さんから返信がきた。
「僕も、少し前までリクルーターとして、ヘッドハンティングを手伝う
仕事をしていました。伊藤さんも頑張って下さいね。」
とのメールだった。

きっと社長さんは、いろいろなことを感じて契約をくれたんだろうな。
会社の印鑑を貰うっていうのは、そんなに容易いことじゃない。
僕がもらってきた一枚の薄っぺらい申込書には、
そこには収まりきらない企業の思いがつまってるし、
そんな薄っぺらい申込書がこれからの手厚い取引の開始を促すものなんだって。
だから僕も企業様と薄っぺらいその場しのぎのトークなんかまったくしたくないって思う。
できないことはできない、それをうまく伝えるのも営業の役目。

結局、何が言いたいのかっていうと、自分の仕事がなんか好きっていうこと。
結構、すげーことやってるんだなって痛感した営業だった。
社長さんの思いを背負って、僕は今日も新しい契約をまきにいく。

明日からも頑張って仕事をします。
[PR]
by super_masaharu | 2009-09-14 23:50 | THINK

東京。

今日は渋谷に自転車で行った。
意外とすごい近かった。15分かからないくらい。
渋谷で向かった先はG−1。うん、雀荘だね。

人間、環境が変わっても結局、好きなものは変わらないんだなーって。

関西に帰った時も、結局、麻雀2回したし、
こないだけんすけが東京に来た時も、真っ昼間から麻雀をしてさ。
会社でも仲良くなった同期、先輩は麻雀する人が多い。

そんな話はどうでもいいけれど、東京は冷たい街だ。

なんでかって言ったらね、
こないだ女性に道を聞いたところ、無視されましてね。
いやいや、道を聞いただけなんですよ?

素無視!ガン無視!まじありえへん。。

でももう一回道聞いたらナンパしたのが失敗したから、
必死で道を聞いたふりをしているように思われたらイヤだったので、
僕はその場から走って逃げました。

もう東京でナンパなんてしない。
間違えました!道なんて聞きません。

Google MAPで頑張ります。

とはいえ、いいところに住みました。
渋谷も近いし、新宿もほんとにすぐ。なかなかの好立地でございます。

あー直島行きたい。なんか銭湯できたみたいやし。大竹伸朗の。
最近、そういうArtにまったく触れてない。触れたい。
なんでも良いから触れたいわー。

明日、どっか行ってみよかな。久々に麻雀か酒以外で街に繰り出そかな。
ゴーギャン展でもいくか。深いよな、ゴーギャン。

夜が長いなー。暇かも。眠たい。

池田が恋しい。


とか言ってたら、先輩から麻雀の誘いがきた。
なんだこれw
[PR]
by super_masaharu | 2009-09-12 19:49 | THINK

発想の種。

こんばんわ、最近、仕事を早く終らせて、帰ろうと。
今日も、早めに切り上げて焼き肉行ってきた。ホルモン食堂。

逆転発想の時間術って本に影響されとります。

いやー。なんかね、僕思うんです。

無駄な時間ってなにとひとつないなーって。

とか言い出しておいて、話は変わるかもしれんのやけど。
家探しするときのお話。なんでみんなは、
駅から近いとこにこだわるとか、会社の近くにしたいとかさ、
考えるんだろうってさ。別にいいやん、遠くたってさ。
僕は、別に駅から遠くたって平気。だって自転車があるもん。
自転車に乗れる時間が朝に会った方がなんかよくないですか?とかね。
朝、絶対自転車に乗る必要があったら、自転車乗るやんって。

「駅から1分のところに家があります!」
そりゃーもうめちゃんこ便利ですよ、うん、非常に便利。
ただね、それと同時に損もしてんじゃないのかなーってね。
なんか歩いてるときって意外と何かいろんなことを考えたりするやん。
勿論仕事のこととかも、いろいろ考えてると思うんやけど、
1分やったら仕事のこと考えたら、おしまいじゃないですかー。

それに1分で着くからって思ったら、その分長く寝たり、
家出るのが遅くなったりするやん。
その分、また他のこと考える時間が減るんよね。
なんかゆったりしてるんかどうか実は謎やなーって。

そう考えたら、家が駅から遠くたってさ、電車の乗ってる時間が長かったりさ、全然どうでもえーやん。なんかその時間いろいろ使えるやん。

昔からそうじゃない?
通学時間が長いやつほど、勉強ができたり、スポーツできたりさ。

きっとなんかそのいわゆる生産的でない時間ほど、
人間ってのはいろんなことを考えたり、感じたり、
些細なことに気づいたりするんちゃうかな。
電車の中吊り広告でもいいし、疲れたサラリーマンの顔でもいい。

だから、そういう時間こそ愛してあげてほしい。
そしたらほんのちょっと、楽しくなるやろ?通学、通勤のときもさ。

何が言いたいんかはまったくわからんのやけどね。

会社では生産性上げようとかなんとか言ってるんだけども、
プライベートはやっぱりゆったりがええね。うんうん。
せかせかせんほうがええよ。うんうん。

つまり、短期的な視野で部分最適を考えれば効率的に思えることも、
長期的な視野で考えたら、意外と発想や、チャンスを失ってるかもよって話ね。
つまり、短期的な最適化だけが、長期的な全体最適ではないということ。
一見、無駄と思われることにも意味は絶対にある。
もしくは与えるといったほうがこの場合は、良いのかもしれへん。

あ、僕から言うと、家を探す時は、そういうん一回全部無視して、
住みたいなーって思う家に住むんが一番やで。
そしたらきっとわけのわからん大家さんに出会うわ。(実話)
[PR]
by super_masaharu | 2009-09-02 00:48 | THINK