photo

「写真を語る」2009/10/20 参考:特になし(写真家になった気分でのコラム)


What's mean of photograph?
大抵、なんかの記憶の記録で、憶測。
何も残りゃーせんさ、カラーだけども儚いものよ。
なんだい?自己主張かい?友達自慢かい。
自分に自信がなくなったら、友達自慢会。
残すことに夢中になるだけで、その瞬間を楽しんでいるかい。
現代に蔓延るデジタルの恐ろしさと身軽さ。
だめだよー自分を撮らなきゃ。
写真はある意味、現実を映すからね。
その人の心も、悔しいくらいに。末恐ろしい。

劇的な写真が撮りたい。
例えば、人の死の瞬間とか。
老人の小便の描く放物線だったり。
明日は、何を撮る。インクは何を映す。
残りのライフィルム(life film)
一日、一枚だけ。365枚。

大きなゴリラを撮ろう。
大きな顔をして笑おう。
大地に寝そべろう。

おやすみ。パシャリ。
[PR]
# by super_masaharu | 2009-10-20 00:32 | THINK

birth

そーこーしてるうちに、会社入って半年。
もう23歳になりましたー!

メールくれた人、
電話くれた人、
メセージカードくれた人、
祝ってくれた人、
生んでくれた人、
本当にありがとう!

今回の誕生日は、なんか泣きましたー。

嬉しくって。

なんだかんだ言って、結構、意外と仕事ってつらいときもあって、
(僕は比較的ないと思ってたけど、体調崩したりってのもあって)
イマイチ、なんか飲み込まれるような日々が過ぎてたんやけど、
キラキラしたというか、一瞬で目が覚めたな、と。

何のために働くんかーなんて考えてみたけど、
僕にとって何となくでしかなくって、
漠然とした夢を追っているわけでもなくて、
それなりに楽しくて、幸せならいいかなーくらいの、
本当にそれくらいの気持ちしかなかったはず!
なのに、いざお金ができてくれば、あれ欲しいだの、
欲望は底を知らないくらい溢れてきて、
でも結局、毎日に追われて、特に満たす物欲も無いまま、
なんとなくだけど自分らしくないなーとか考えてても、
結局、飲まれて、酒にも溺れて、、、、、、、、、、、
あんまり太ったことなかったのに、徐々にお腹が出て(笑)
上半身がふっくらしてきましたー!(目指せ癒し系)

ってこれなんの報告なんやろね。

決意表明ではないけれど、

僕、意外と頑張ってます!

tokioは案外、楽しくないwww
というか、楽しめていないんだろうなーと思いますが、
大好きなショップができましたー。

コルソコモは本当に自分のツボなセレクトで、
あそこには魔物が棲んでいるといわんばかりの、
物欲をかきたたせます!

こないだはギャルソンのデッキを買いました!むは!

大好きだった伊勢丹には、僕の天敵となる販売員が出現しまして、
試着させてくれないというわけのわからない輩がおります。
僕、そんなに冷やかしにみえたんでしょーかーーーー。

「こんだけ悩んで買わないん男ちゃいますねー。」とか、
「なんすか?結局、冷やかしやったんすか?」とか言うのよ。

もうお前からは絶対買わんwwwww

せっかく買う気やった、レザーはもういらん!!!!

あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。
みんなに会いたいです。
[PR]
# by super_masaharu | 2009-10-14 23:47 | THINK

g

「気ままにうたた寝る」2009/10/14 参考:特になし(日だまりにて)

気ままにうたた寝る。
歌ったまま寝る。歌たまる。
あたたまる。温まる。
ぬくもりっていう表現が妙に優しい。

ぬくもる。結果、眠くなる。
寝る。成る。起き上がる。
立ち上がる。立ち上げる。

gell/grow up

猛烈に眠たい。
[PR]
# by super_masaharu | 2009-10-14 00:34 | BYCYCLE

手なり

何か愚痴っぽくなっちゃう恐れがあるから、先に言っとく。
愚痴じゃないよ。考えてる事、つらつら書く。

「自分が意味の感じられないことをやらされるってすごく辛い」
それは仕事でも、プライベートでも、なんでもいえることだと思う。

だからこそ、意味を感じてもらうことだったり、
自分で意味をつくることが大切なんだと思う訳ね。

正直、腹落ちしてないことをやる時間ほど、無駄な時間はないからね。
それだったら、腹落ちするまで考えて、行動した方が、まだきっとまし。
端から見てれば、あいつは何を悩んでんだ?考えてんだ?って思われるかもしれんけど、
その後の行動には確実に何か違うものが見えるはず。

だから、納得のいくまで、考える!もしくは、意見をぶつけることが大事。
そのあと、柔軟に変えていけばいいから。

最初からふにゃふにゃで、言われた事すぐやっちゃったり、
納得しないままやって失敗しちゃったら、結局後悔するん自分やからね。

だからもっとみんな考えよーーーよって話なんすよ。

かといって、最近ちょっとヤッツケで仕事しちゃった日が続いたから、
本当に後悔してるんよなー。体調が悪かったってのもあるにはあるが、
そんなん言い訳にしか過ぎないからねー、非常に残念だ。

仕事はなんだかんだ言って、結果が全てみたいなところもあると思うんよ。
だからこそ、絶対成果にはこだわって仕事したいし、やるからには、
成果に結びついて欲しいんよね。だから、僕は胃が痛くても、仕事するよ。
計画的に成果を狙って仕事したいんやけど、まだそのレイヤーには届かない。

そんな僕が、手なりで、やっつけで、仕事なんかできやしねーんだから。
ましてや、信頼されるプレーヤーになれるわけねーんだから。

がむしゃらにやるしかないってことかねー。

一年目はそれでいいかなとも思うんよね、正直。
さ、明日からもぶっとばしていこかなー。
[PR]
# by super_masaharu | 2009-10-13 23:24 | work

sime

明日の朝会、締めというのを任されましたんで、
ちょっと何を話したらいいんかっていうのを考えたんですが、

とある町工場、いわゆるブルーカラーの会社さんから契約をもらった話をしようと思う。

ずっと電話で人なんかいらない!不景気だからいらない!と言われ続け、どんな人なら
欲しいんですかね?というやり取りを採用担当のおじいちゃんと電話でずっとしてた。

切られても次の日にまたかけて、でもつながらなくて。。
かなり経験のある人なら見たいというところまでこぎ着けた。

うちには確実に登録の少ない、ほぼいないと言っても過言ではないとある機械経験10年の技術職。
ただ、うちにいないわけじゃない。僕は必死に先方に伝えた。

僕の勧める商品には先行投資のリスクはない。
満足してもらえた時にだけ、その分のお金を払ってもらえればいいだけ。
それを必死に伝えて、アポを頂いた。

訪問2日前に先方から連絡が入り、ぜひとも社長も同席したいとのことだった。

いざ、向かったアポで、言われた一言は、結構、衝撃的だった。
「君たちは、僕らのようなブルーカラーの技術者を集めるために、
何か努力をしているのかい。」

僕らの会社がしているのはWEB広告だったり、電車の中吊り広告だったり。。。

社長は言った。
「僕らの、会社に勤めるベテランの技術者達は、自転車で通ってる人もいれば、
歩いてくる人もいる。そんな人達を本当に君たちは集めているのかい。
こっちも本気で採用を考えるんだ。」

僕はあぜんとした。すぐには何も返せなかった。
ただ、うちに数少ないが登録者はいる。そんな人達に御社の求人を紹介させて欲しい。
ただそれだけだった。うちに任してほしい。

そんな思いを伝えると、社長から本音が出てきた。

「僕たちの会社は確かに優秀な技術者はたくさんいる。
ただみんな年寄りでそれを伝承していく、受け継いでいく後継者がいないんだ。
若い子達を高卒で採用しても、長く続かない子が本当に最近は多い。
30〜40の中堅層がうちの会社にはいない。
もう後ろには中国が迫ってきている。製造業は本当に危機的状況なんだ。
それをふまえて、今後のために、今、採用を真剣に考えて出している。
いい人、ぜひとも紹介して欲しい。お願いします。」

僕は本当に胸がいっぱいになった。

僕のしている仕事は、人材紹介を勧めるだけの営業だと思っていた。
でもこんなにも、企業様の生の声を直に聞くことのできる仕事だった。
そして中途採用の支援だけでは足らず、経営にまで影響する仕事だということ。
少し認識が甘かったのかもしれない。

それに自社の製品を企業に一番最初に紹介するいわゆる企業の顔であって、
僕らの営業ひとつひとつが会社のイメージを作って行く。
そう思うと、本当にすごいことを任されていると思った。

結果、うちとしては本当に珍しいブルーカラーの案件として、
正式に受注をして、今、人選が既にはじまろうとしている。

そんな中、僕の送った先方へのお礼メールに社長さんから返信がきた。
「僕も、少し前までリクルーターとして、ヘッドハンティングを手伝う
仕事をしていました。伊藤さんも頑張って下さいね。」
とのメールだった。

きっと社長さんは、いろいろなことを感じて契約をくれたんだろうな。
会社の印鑑を貰うっていうのは、そんなに容易いことじゃない。
僕がもらってきた一枚の薄っぺらい申込書には、
そこには収まりきらない企業の思いがつまってるし、
そんな薄っぺらい申込書がこれからの手厚い取引の開始を促すものなんだって。
だから僕も企業様と薄っぺらいその場しのぎのトークなんかまったくしたくないって思う。
できないことはできない、それをうまく伝えるのも営業の役目。

結局、何が言いたいのかっていうと、自分の仕事がなんか好きっていうこと。
結構、すげーことやってるんだなって痛感した営業だった。
社長さんの思いを背負って、僕は今日も新しい契約をまきにいく。

明日からも頑張って仕事をします。
[PR]
# by super_masaharu | 2009-09-14 23:50 | THINK